オペラ「元禄のトラヴィアータ」(ヴェルディ作曲『椿姫』)

深見東州さんの、これが初めての、イタリア語でのオペラ出演になりました。

第1幕

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

江戸吉原で、花見の宴が繰り広げられます。

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

花魁(おいらん)・美穂麗多(ヴィオレッタ)の登場

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

春普麗徒(アルフレード)が美穂麗多(ヴィオレッタ)に、一年も前から心を寄せていたと告白します。

第2幕 1場

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

春普麗徒(アルフレード)の父、慈兵衛流門(ジェルモン)登場。

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

美穂麗多(ヴィオレッタ)は、家財を売り払って生計を立てていることを慈兵衛流門(ジェルモン)に告白します。

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

父、慈兵衛流門(ジェルモン)は、美穂麗多(ヴィオレッタ)に息子・春普麗徒(アルフレード)から身を引くように申し入れます。

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

息子・春普麗徒(アルフレード)に「故郷に帰ろうと」と父・慈兵衛流門(ジェルモン)が説得をします。

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

息子への思いを込めて父・慈兵衛流門(ジェルモン)が歌う「プロバンスの海と陸」

第2幕 2場

美穂麗多(ヴィオレッタ)に裏切られたと思い、怒りに我を忘れた春普麗徒(アルフレード)は、美穂麗多(ヴィオレッタ)にお札を投げつけます。

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

そこに父・慈兵衛流門(ジェルモン)が現れ、息子・春普麗徒(アルフレード)の卑劣な行為を戒めます。

第3幕

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

慈兵衛流門(ジェルモン)から真相を聞かされ、「もう一度2人で暮らそう」と、美穂麗多(ヴィオレッタ)の元に戻ってきた春普麗徒(アルフレード)。

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

病に弱った美穂麗多(ヴィオレッタ)の元に慈兵衛流門(ジェルモン)が駆けつけます。

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

美穂麗多(ヴィオレッタ)を見て、自責の念に駆られる慈兵衛流門(ジェルモン)。

オペラ 元禄のトラヴィアータ ヴェルディ作曲『椿姫』

死の直前、体に不思議な力が漲り、喜びに輝く美穂麗多(ヴィオレッタ)

 

オペラ「元禄のトラヴィアータ」  ヴェルディ作曲「椿姫」全三幕 原語上演(字幕付き)

公演日
2003年8月28日
会 場
新宿文化センター 大ホール
後 援
毎日新聞社
主催・製作
NPO法人 世界芸術文化振興協会(IFAC)

スタッフ

指揮
山上 純司
演出
大島 尚志
総合プロデューサー
深見 東州
音楽監督
栗林 義信
合唱指揮
河原 哲也
副指揮
柴田 真郁
高野 秀峰
藤本 潤
振付・所作指導
立花 車扇
振付補
立花 志津彦
美術
星 健典
照明
奥畑 康夫
音響
仙頭 聡
衣裳コーディネート
立花 車扇
舞台監督
小桜 邦彦
演出助手
岡田 直子

キャスト

美穂麗多(ヴィオレッタ)
小林 菜美
春普麗徒(アルフレード)
井ノ上 了史
慈兵衛流門(ジェルモン)
深見 東州
浮浪羅(フローラ)
大貫 裕子
賀須頓(ガストン)
田代 誠
飛忍(トビニー)
筒井 修平
度方流(ドゥフォール)
松尾 健市
苦乱比留(グランヴィル)
若林 勉
珠是平(ジュゼッペ)
山村 尚正
安仁奈(アンニーナ)
山口 清子
合唱
元禄のトラヴィアータ合唱団
管弦楽
東京ニューフィルハーモニック管弦楽団